ドイツ - 理想的な産業立地

ドイツ - 理想的な産業立地

民主主義国家

ドイツ連邦共和国は、現代的で多元的、そして寛容な人々にとっての民主主義の生地として確立することにこれまで成功してきました。力の分割原則が議会制民主主義の指針となり、不変の憲法秩序は法を遵守する行政を保障しています。また、多政党の連立政権に基づいたシステムは、8200万の国民の利益をうまく代表し、またバランスを保っています。さらに、安全保障、公正、透明性への献身的な姿勢は、ドイツに住む者たちへだけでなく、ドイツで、またはドイツと事業を行う者たちに対しても区別なく示されています。

効果的な法的システム

商品やサービスの年間売上が2兆ユーロを超えるドイツは、世界第3位の経済大国です。EUの国内総生産の20%を占めることからも、ヨーロッパ経済を駆動するエンジンといえます。またドイツは、2008年も9950億ユーロもの輸出高を誇り、世界チャンピオンの地位を保持しています。

強力な直接投資、健全な労使関係、前向きな経済計画促進がドイツ経済を刺激し、どんなグローバルな経済課題にも対応する最適な土台を提供しています。また、民間企業は事業を保護する法律に支援されています。これは、経済需要に応えるための教育・雇用リフォームや、事業のための金融支援という形で実現されています。

改革と経済戦略

政府もまた、高度に発達したインフラを通して維持される安定した経済と社会環境を促進しています。そのため、教育、ヘルスケア、育児の他に、健康で活発、生産的な経済をもつ社会をもたらすサービスといった面でも包括的なサポートを提供しています。

社会正義と幸福はドイツの暮らしにおける支柱です。私たちの憲法はこの国を社会福祉国家とし、成功モデルとして広く賞賛されています。国内総生産のほぼ28%が公共福祉の目的のもと、健康、退職、事故、長期的なケアや失業保険への支出となっています。

その結果、一流のヘルスケアが全ての人々に保障されています。政府はまた公的資金を提供して、親が子供の世話をするための支援をしたり、親が子供と時間を過ごせるよう奨励しています。これらおよびその他の政策を通して、個人や家族が健康で生産性の高い安全な暮らしをしていける社会を促進しているのです。

クオリティ・オブ・ライフ

ドイツの教育は、多様でアクセス可能で優れた機会を提供しています。公立学校は無料で、教師は高い資格を有し、学生の取得資格は国際的に認知されています。さらに391の大学やカレッジを持つドイツは、研究分野で世界を主導しています。

ドイツの優れた生活水準に700万人以上の外国人が惹きつけられ、当地へ居住しています。住居の賃貸や購入は多くの先進国と比べるとかなり割安です。電気・ガス・水道といった公共施設は信頼性高く、またその価格には競争力があります。近年のクオリティ・オブ・ライフに関する世論調査で、世界トップ10のうちドイツの3つの都市がランクインしていることは何の不思議でもありません。これらの要素が、ドイツのコスモポリタンな雰囲気と合わさって、外国人をかつてないほど当地へ引き寄せているのです。