歓迎のご挨拶

歓迎のご挨拶

ドイツ連邦共和国首相 アンゲラ・メルケル | © Laurence Chaperon

ドイツはヨーロッパ最強の経済圏であり、世界的にも最大の経済圏 の一つです。

ドイツのように世界経済と密接な関係を持つ国はそう多くありません。ドイツは海外投資家にとって人気の高い投資先であり、海外直接投資の約 4%がドイツへ投入されています。2008年だけでも投資総額は120億ユーロに達しています。4,5000以上の外国籍企業がドイツ国内で300万人以上を雇用し、 4つに1つの仕事が何らかの形で輸出と関わっています。

ドイツの強い国際競争力は偶然の産物ではありません。それどころか教育・研究・技術革新で、我が国は抜きん出て優れています。ヨーロッパ におけるテクノロジーの原動力として、ドイツは国際市場に関係する特許の比較一覧に記載されており、人口に基づいた評価をみると、このカこのカテゴリーで世界第2位に あります。

ドイツは機械製造および自動車工業のリーダーです。またドイツの企業はレーザー、医療、ナノテクノロジーなど未来志向の分野でも優れた地位にありま す。ドイツ企業は卓越した研究環境、科学と産業間の密接な協力関係、極めて意欲的かつ有能な労働力から恩恵を受けています。起業家精神、新発見の喜び、品質へのこだわり、これら全てが「メ イド・イン・ジャーマニー」の製品を形作っています。

国際的な投資家にとって、ドイツは優れた投資環境だけでなく素晴らしい経済条件をも有しています。首尾一貫した構造改革と労働コストの穏やかな変移がドイツの国際的な競争力をいっそう強化しています。私たちは法人税を国際比較からみて魅力ある税率にまでの引き下げを実施しました。さらに、忘れてはならないのが、一 流のインフラストラクチャー、能率性の高い資本市場、そして高基準にある司法システムが、ドイツを国際市場をリードする国として保持させているということです。

ドイツは非常に寛容な国で、信頼できるパートナーとして世界から高く評価されています。皆様を私たちの国へお迎えできることを嬉しく思います。

ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル

その他の機能