人口構造の変化

世界各地で大規模な人口構成の変化が、21世紀に入ってからも継続更新しています。70億人となる現世界人口は2050年には90億人に達する見込みです。世界人口は拡大しつつもそのペースは以前より落ち、西側の工業国では人口減少を体験する一方で、発展途上国の人口成長は揺るぎなく続いています。

ひとつ確かなことは、世界はどんどん年老いていくということ - 工業先進国と発展途上国のどちらの経済でも、人々はより長く、そしてより健康に生きるようになっています。

上へ

ログイン

こちらでログインしてください。