イベント 医療技術

第12回 日独産業フォーラム 2016 カンファレンスガイド 「医療テクノロジー:健康社会実現を目指して進化中」

第12回日独産業フォーラム プログラム

プログラム*

※日英同時通訳付き

13:00~ 受付開始

ドイツ各連邦州経済振興公社とドイツ観光局による「ドイツ投資立地ミニメッセ」

14:00~ 開会

オープニングスピーチ

ドイツ貿易・投資振興機関 総裁

ユルゲン・フリードリヒ

ドイツ貿易・投資振興機関 日本代表

浅川 石見

来賓ご挨拶

「経済産業省における医療機器産業政策について」

経済産業省 室長

遠山 毅氏

基調講演

バイエル薬品株式会社  代表取締役社長

欧州製薬団体連合会 会長

カーステン・ブルン氏

「ドイツの税制と法的枠組み」

ドイツ貿易・投資振興機関 税務・法務サービス部 シニアマネージャー

クリスティーナ・シェーン

「ドイツ経済・産業の現状と日系企業動向について」

株式会社三菱東京UFJ銀行

ドイツ総支配人兼デュッセルドルフ支店長

黒岩 誠一 氏

休憩

ドイツ各連邦州経済振興公社とドイツ観光局による「ドイツ投資立地ミニメッセ」

「パナソニックの介護事業”エイジフリー事業の取り組み」

パナソニック株式会社エコソリューションズ社

エイジフリービジネスユニット

事業推進部 部長

斉藤 裕之氏

「B.Braun Aesculap Japan社の取り組み」

B.Braun Aesculap Japan社

リチャード・シル氏

「オリンパスにおける医療機器開発 - 内視鏡が起こした消化管治療のイノベーション- 」

オリンパス株式会社

執行役員、事業開発室長

斉藤 吉毅氏

休憩

ドイツ各連邦州経済振興公社とドイツ観光局による「ドイツ投資立地ミニメッセ」

「フラウンホーファーIPAの取り組み」

IPAフラウンホーファー研究所

ベルンハルド・ブダカー氏

「ドイツにおけるヘルス産業市場の最新傾向とビジネスチャンス」

ドイツ貿易・投資振興機関

ヘルスケア産業 シニア・マネージャー

ガブリエル・フレミング

閉会のご挨拶

ドイツ貿易・投資振興機関

日本代表 浅川 石見

18:30 レセプション

「ドイツビジネスラウンジ」

ドイツ各連邦州振興公社とドイツ観光局による「ドイツ投資立地ミニメッセ」

20:00 閉会

*プログラムの内容・講師等は変更になる場合があります。

遠山 毅 氏 | 経済産業省 室長


FotoTsuyoshi Tooyama FotoTsuyoshi Tooyama | © METI

来賓ご挨拶

「経済産業省における医療機器産業政策について」


ご経歴

1997年通商産業省生活産業局 入省
2014年経済産業省製造産業局素形材産業室長
2016年経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室長
現在に至る


会社概要

Logo METI Logo METI | © METI






経済産業省は、民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の 発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ることを任務とする。




お問い合わせ先

担当者:川西 宏和

住所:〒100-8901 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号

Tel/Fax:03-3501-1562 / 03-3501-0315

メールアドレス:kawanishi-hirokazu@meti.go.jp

www.meti.go.jp

カーステン・ブルン 氏 | バイエル薬品株式会社 代表取締役社長 日本メドラッド株式会社代表取締役社長

Foto Dr. Carsten Brunn Foto Dr. Carsten Brunn | © Bayer AG

基調講演




ご経歴

1970  7  13  

ドイツ・テュービンゲン生まれ

1996 

フライブルグ大学(ドイツ) 薬学修士号取得

1996 

ワシントン大学(米国) 奨学生として研究修了

1999

ハンブルグ大学(ドイツ) 化学博士号取得

1999

ロンドン・ビジネス・スクール エグゼクティブ・エデュケーション修了

1996

イーライリリー社入社(ドイツ)。ストラテジック・プランニングの責任者として勤務した後、米国本社にてグローバル・マーケティング、セールス・トレーニング、リージョナル・セールスの責任者を歴任

2005

ノバルティス社 グローバル・ブランド・リーダー(スイス本社勤務)や ボシュロム社 アジア・パシフィック担当バイス・プレジデント(シンガポール)を含む3社で勤務

2011 

バイエル ヘルスケア社入社
医療用医薬品事業 グローバル・プライマリーケア責任者(中国・北京)

20133

バイエル薬品株式会社 代表取締役社長に就任

20147

日本メドラッド株式会社 代表取締役社長を兼務

201410

EFPIA Japan(欧州製薬団体連合会)会長に就任


会社概要

Logo Bayer AG Logo Bayer AG | © Bayer AG








バイエルについて

Bayer: Science For A Better Life

バイエルは、ヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。「Science For A Better Life」というミッションのもと、バイエルはその製品とサービスを通じて、人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献すると同時に、技術革新、成長、およびより高い収益力を通して企業価値を創造することも目指しています。また、バイエルは、持続可能な発展に対して、そして良き企業市民として社会と倫理の双方で責任を果たすために、これからも努力を続けます。グループ全体の売上高は463億ユーロ、従業員数は117,000名(2015年)。設備投資額は26億ユーロ、研究開発費は43億ユーロです。この数字は、コベストロ社として株式市場に2015106日に上場した高機能ポリマー材料の事業を含んでいます。詳細はwww.bayer.com.をご参照ください


クリスティーナ・シェーン | ドイツ貿易・投資振興機関 | 税務・法務サービス部 シニアマネージャー

Foto Christina Schoen Foto Christina Schoen | © Germany Trade and Invest

講演タイトル
「ドイツの税制と法的枠組み」





経歴


2007年、ドイツ貿易・投資振興機関(GTAI)投資家サポートサービス部配属。税務・法務関連業務のシニアマネージャーであり、GTAIの各専門チームと緊密に連携し、ドイツ国外企業のドイツでの起業をサポート。
有資格の弁護士であり、GTAI所属以前は複数の民間法律事務所に勤務。法務書記の経験も有する。


会社概要


Logo GTAI Logo GTAI | © Germany Trade and Invest





Germany Trade & Invest(ドイツ貿易・投資振興機関)はドイツ連邦共和国の経済振興機関です。当機関は経済およびテクノロジー拠点としてのドイツを海外の企業へ紹介するとともに、在ドイツ企業には海外市場情報を提供しています。
当機関はドイツ市場での成功を目指す外国企業のため、市場参入から投資事業実現に至るまでの進出プロセスを様々な方向からエスコートします。法律および税に関する情報提供、助成金制度および融資についてのアドバイス、投資候補立地視察のコーディネート、地域のパートナーおよび関連ネットワークへのコンタクト仲介などのサービスを無償で提供しています。


お問い合わせ先

Germany Trade and Invest
- Gesellschaft für Außenwirtschaft und Standortmarketing mbH Headquarters
Friedrichstraße 60
10117 Berlin Germany
T. +49 (0)30 200 099-506
F. +49 (0)30 200 099-999
M.: christina.schoen@gtai.com
www.gtai.com

黒岩 誠一氏 | 株式会社三菱東京UFJ銀行 | ドイツ総支配人兼デュッセルドルフ支店長

Foto Kuroiwa Foto Kuroiwa | © The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ

講演タイトル

「ドイツ経済の現状と日系企業動向について」

ご経歴

1989年東京外国語大学卒業後、東京銀行に入行。
1993年語学研修生としてドイツに赴任後、デュッセルドルフ支店に勤務
1995年神田支店
1998年東京三菱銀行営業第一本部営業第三部
2000年デュッセルドルフ支店
2005年マサチューセッツ工科大学へ留学
2006年三菱東京UFJ銀行国際企画部
2010年 欧州企画部 次長 (ロンドン駐在)
2013年欧州企画部 副部長
2014年 ドイツ総支配人 兼 デュッセルドルフ支店長
現在に至る


会社概要



三菱東京UFJ銀行(BTMU)は、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の中核会社であり、50カ国近くのグローバルネットワークを有する日本最大の銀行です。企業、公官庁及び個人のお客様に対してグローバルベースでコマーシャル及びインベストメントバンキングの各種サービスを提供しています。


MUFGは東京に本部を置き、グループ全体で14万人の従業員及び約300の事業体があります。総資産298兆円を有する世界のリーディングフィナンシャルグループの一つであり(2016331日現在)、普通銀行、信託銀行、証券会社に加え、カード会社や信託会社、リース会社を通じて各種金融・サービスを提供しています。


MUFGは、グループ内の緊密な連携を通じ、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」であることを目標に掲げています。お客様のニーズに柔軟に対応し、社会に貢献し、より良い世界のための持続的な成長を目指しています。

ドイツのBTMUは、1954年よりドイツでフルバンキング業務を行っています。デュッセルドルフ支店を母店とし、ハンブルグ、フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンにも拠点を展開しており、ドイツ国内のスタッフは約200名に上ります。ドイツでの拠点ネットワークは邦銀随一で、日系企業・非日系企業に対してフルバンキング業務を行っています。



お問い合わせ先

三菱東京UFJ銀行 デュッセルドルフ支店 担当 小林

住所:Breite Strasse 34, 40213 Duesseldorf, Germany
T.:+49 211-3667-316
F. :+49 211-3667-433
toshio.kobayashi@de.mufg.jp

http;//www.bk.mufg.jp/

斉藤 裕之 氏 | パナソニック株式会社エコソリューションズ社 | エイジフリービジネスユニット 事業推進部 部長

Foto Hiroyuki Saito Foto Hiroyuki Saito | © Panasonic Corporation

講演タイトル

「パナソニックの介護事業”エイジフリー事業の取り組み」

ご経歴

1965 大分県生まれ
1988 熊本大学電子工学科卒業

同年、旧松下電工株式会社入社。家電製品設計を経て、19984月より高齢者介護事業として発足した社長プロジェクト「ナイス・エイジフリー事業推進部(現組織の前進)」に社内公募にて異動。入浴機器、排泄支援機器、住宅改修設備、介護ベッド、リハビリ機器等、様々な介護・福祉機器の開発、製造、新規事業の立上げを経て、201410月より現職。


会社概要


旧松下電工の新事業として、1998年に介護事業を開始。19年目を迎え、介護サービスや介護用品レンタル・リフォームなど幅広い事業を展開。

・在宅介護サービス…136拠点・207事業所

・介護付き有料老人ホーム…3拠点

・サービス付き高齢者向け住宅…30拠点

・介護ショップ(用品レンタル、販売、リフォーム)…122店舗

・介護用品・設備の開発販売 ※1691日現在

リチャード・シル氏 | B.Braun Aesculap Japan社

Foto Richard Shill Foto Richard Shill | © B.Braun Aesculap Japan

講演タイトル
「B.Braun Aesculap Japan社の取り組み」



会社概要

Logo B. Braun Logo B. Braun | © B. Braun


ビー・ブラウングループは、医療機器や医用関連製品・サービスの提供で世界をリードする企業のひとつです。世界64か国に56千人を超える従業員を擁し、世界中のお客様に向けた高品質な製品群とサービスを開発しています。

ビー・ブラウンが提供する全てのサービスには、お客様のニーズを熟知したビー・ブラウンならではの知識と技術の全てが込められています。私たちが展開する一連の優れたメディカルケア・ソリューションは順調に拡大を続け、皆様の健康の維持と増強に多大な貢献をしています。

 

ビー・ブラウンは、世界のヘルスケア市場に向けて麻酔、集中治療、心臓疾患、体外血液処理、外科治療などに関連した製品やサービスを供給する一方、クリニックなど開業医の方々や在宅医療関係者の皆様にもサービスを提供する、信頼できるパートナーとして活躍しています。

私たちは、お客様を深く理解し、お客様のために全力を尽くすパートナー、建設的な対話とより良い未来をつくる意欲をもって開発を推進するパートナー、そして、発展し続ける革新的なソリューションを実現できるパートナーでありたいと願っています。

 

ビー・ブラウンの成功物語は175年前、ドイツ・ヘッセン州の都市メルズンゲンに開かれた「ローズ・ファーマシー」という薬局から始まりました。革新的な起業家精神で、有力なソリューションをもってお客様のニーズを深く理解し、お応えしてきたことで、家族経営の小さな一店舗だった薬局が、180年足らずでグローバル企業へと成長しました。

斉藤 吉毅 氏 | オリンパス株式会社 執行役員、事業開発室長

Foto Yoshotake Saito Foto Yoshotake Saito | © Olympus Corporation

講演タイトル
「オリンパスにおける医療機器開発 - 内視鏡が起こした消化管治療のイノベーション- 」


経歴

1984OLYMPUS へ入社、25年以上に渡り、内視鏡の商品開発に従事。なかでも、体内から超音波信号を使い消化管疾患の断層像診断をする超音波内視鏡については,研究段階から参画し,その事業化を推進させた。 2004年には 商品企画部門でマーケティングを含む商品開発戦略に参

,2006年には開発本部長を務めた. 2008年に、買収した 米国会社 (GyrusACMI) にて Global Executive Vice Presidentとして、製造・開発・品質をサポート実施し, その帰任後 (2010)は、2014年まで 開発本部長として 外科の治療機器開発を推進. 2015年に執

行役員に就任し、同時に、事業開発室長として、全社の新規事業の関連の業務を展開している。 同時に、生体材料を開発製造する オリンパステルモバイオマテリアルの取締役、 軟骨再生細胞治療を手掛けるオリンパスRMS社の取締役副会長を兼務している。


会社概要

Logo Olympus Corporation Logo Olympus Corporation | © Olympus Corporation


医療事業・科学事業・映像事業の3つの分野で、内視鏡、顕微鏡、デジタルカメラ、小型録音機などの光学機器、電子機器を製造・販売している。事業分野別にみたオリンパスグループの売上比率は、医療が73.0%、科学が13.6%、映像が11.0%など(20153月期)。内視鏡分野では世界

シェア75%程度を占めるなど、医療用の光学機器や顕微鏡分野では世界最大手となっている。カメラ部門ではニコン、キヤノンに次ぐ事業規模、ICレコーダーは日本国外で70%以上、日本国内でも50%近い高いシェアを占めている。

 

オリンパスの社名は、ギリシャ神話で神々が住む山とされるオリンポス山にちなむ。これは創業時の社名である「高千穂製作所」の由来である高千穂峰が、日本神話において神々が集う山とされているためで、顕微鏡などのブランドネームに使用したことに由来している。コーポレート

スローガンは「Your Vision, Our Future」。

ベルンハルド・ブダカー氏 | フラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(IPA)自動車ビジネスユニット長・医用工学&バイオ技術ビジネスユニット長

Foto Bernhard Budaker Foto Bernhard Budaker | © Fraunhofer IPA

講演タイトル
「フラウンホーファーIPAの取り組み」




経歴

2000年より2006年まで、シュトゥットガルト大学電気工学・情報テクノロジー学部にて学ぶ(工学修士)。2006年から2008年、同大学研究員として自動車用レーダーセンサー(79GHz, シリコン・ゲルマニウム技術)研究のプロジェクトリーダーとなる。2008年より2012年までは同大学でマルチドメインシステム設計に関する研究に従事、機械工学博士号を取得。エンジニアリングデザイン・生産技術・自動車工学部にて工学博士号。

2008年から2015年まで、フラウンホーファー技術開発グループ(TEG)、フラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(IPA)で、「モーションコントロールシステム」グループのマネージャーを務めた。

2013年よりフラウンホーファー電動モビリティシ研究システムのスポークスマン、2015年よりフラウンホーファーIPAの自動車ビジネスユニット長を務める。現在、IPAで医用工学&バイオ技術ビジネスユニット長を兼務。

専門分野は、電気機械駆動システム、自律/自動運転、機械電子システム開発、電気モビリティ技術、自動車生産技術など、広範囲に渡る





会社概要


Logo Fraunhofer IPA Logo Fraunhofer IPA | © Fraunhofer IPA



■私たちが提供するのは、「未来」

1000名が勤務するフラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(IPA)は、フラウンホーファー研究機構の中でも最大規模の研究所のひとつです。部品や装置、技術手法のみならず、包括的な機械システムおよび製造工場についても開発と試験を行い、実用化を進めます。

当研究所の13の部門は、6つのビジネスユニットを通じ、自動車、機械・装置製造、電子機器・マイクロシステム、電力、医用工学・バイオ技術、プロセス産業など、さまざまな産業と分野の垣根を越えて連携しています。

 

■持続可能な生産を、個別のニーズに合わせて

地域産業がグローバル経済の厳しい環境下でも成功できるようにするために、私たちの研究が重点を置くのは、持続可能で、かつ個別のニーズに合わせた製品を、優れたコスト効率で生産することです。そしてこの理念を、「超高効率工場」、「Fast Storage BW(電気エネルギー貯蔵技術)」、「軽量エンジニアリングセンター」、「スマート材料センター」などの基幹プロジェクトの枠組みを通したパートナーとともに実現しています。だからこそ、1バッチ生産のカスタマイズド製品を大量生産製品の価格で提供することも可能となるのです。

私たちの未来型の工場では、あらゆる機能を集約した軽量自動車の構築を目指し、次世代の自動車開発のためのプロジェクト「ARENA2036 」や「個別生産研究キャンパス」とともに研究を進めています。

 

■そしてスマートに

「スマート」な機械、道具、部品、そして注文が、インターネットを介してほぼリアルタイムで呼応します。私たちの研究も、今後ますますこのようなサイバーフィジカル生産工程に焦点をあてていくことになるでしょう。すでに、次世代の生産システムを巡って激しい競争が進行中です。リーン生産方式から「インダストリー4.0」に至るまで、あらゆる既存技術を集約したソリューションを、私たちは追求しています。

 

連絡先

Fraunhofer IPA

住所: Nobelstrasse 12, 70569 Stuttgart, Germany

ウェブサイト: www.ipa.fraunhofer.de

コンタクト先: Marketing and Communication

電話: +49 711 970-1667

E-mail: marketing@ipa.fraunhofer.de

ガブリエル・フレミング | ドイツ貿易・投資振興機関 | ヘルスケア産業 シニア・マネージャー

Foto Gabriel Flemming Foto Gabriel Flemming | © GTAI

講演タイトル
「ドイツにおけるヘルス産業市場の最新傾向とビジネスチャンス」



経歴

ガブリエル・フレミングはGermany Trade & Invest(ドイツ貿易・投資振興機関)、ベルリン本部においてヘルスケア産業分野のシニアマネージャーを務めています。

彼はミュンヘンビジネススクール(LMU)にて経済学を学び、2005年に卒業。その後、ハンブルグにて出版社やB2B言語サービス業者にてセールスおよびマーケティングの業務を担当。ドイツライフサイエンスおよびヘルスケア分野に焦点を置き活動を始めたのは、ドイツ銀行の特許バリューファンドの企業経営担当マネージャーとして従事して以来です。

2009年にGermany Trade & Investのケミカル・ヘルスケア産業チームに入り、対独投資企業支援分野で活躍し、医療技術分野の海外企業がドイツにおいて販売、研究開発または製造拠点などのさまざまなビジネスプロジェクトを立ち上げる際のアドバイスを提供しています。


会社概要

Logo GTAI Logo GTAI | © Germany Trade and Invest





Germany Trade & Invest(ドイツ貿易・投資振興機関)はドイツ連邦共和国の経済振興機関です。当機関は経済およびテクノロジー拠点としてのドイツを海外の企業へ紹介するとともに、在ドイツ企業には海外市場情報を提供しています。
当機関はドイツ市場での成功を目指す外国企業のため、市場参入から投資事業実現に至るまでの進出プロセスを様々な方向からエスコートします。法律および税に関する情報提供、助成金制度および融資についてのアドバイス、投資候補立地視察のコーディネート、地域のパートナーおよび関連ネットワークへのコンタクト仲介などのサービスを無償で提供しています。



お問い合わせ先

Germany Trade and Invest
- Gesellschaft für Außenwirtschaft und Standortmarketing mbH Headquarters
Friedrichstraße 60
10117 Berlin Germany
T. +49 (0)30 200 099-307
F. +49 (0)30 200 099-999
M.: gabriel.flemming@gtai.com
www.gtai.com

上へ

ログイン

こちらでログインしてください。